takuの出産育児日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拓を育てていて思う事・・・
市の関係で育児懇談会があり参加して来ました。
拓と同じ様に市に特別支援制度で加配の先生などをお願いをしている保護者の方々が日頃の育児で思っている様々な問題点などを話し合うのですが、そんな中で
「育児をしていて最近楽しいと思われた事はなんですか?」
っと言う質問がありました。
「大変で困っている事なら沢山あるけれど、楽しい事・・・?」
皆さん同じ様に考え込んでしまうのが現状でした。
そんなお母さん方の気持ちが理解できます。
自分もそうだった時期があり、ものすごく不安な時期を経過して今があります(以前はこういう懇談会で拓の現状の話をしなきゃいけない時、必ずと言っていい程、話している途中で涙が出てしまっていました)。

今、ゆっくりですが拓の言葉が増えて来て理解力も増えています(もちろんまだまだこだわりが強くて困る事も多いのですけれどねf^_^;)。
保育園での育児時間が伸びて、その間自分が思う様に仕事を進める事も出来て拓ベッタリで無くなった分、短くなった拓との時間を以前より大事に出来る様にもなったと思います。
なので今の私は最近の育児の中で嬉しい事や楽しい事はなんですか?っと質問されると沢山あるんです。
拓がお友達が園をお休みすると寂しそうにします。その寂しいという感情を態度にしている拓を見ているのが嬉しいです。
朝、車の中でおならをした拓が『たく、ブーでた・・・くさい』そう言ってくれて二人で笑える事が楽しいです。
人からすれば些細な事でしょうが、私には楽しい事です。
幸せな事や楽しいと思う事など人それぞれで良いじゃないですか?
単純な事なんですが、この単純な事をなぜか思い切る事が出来なかった事も事実でした。
色んな事を我慢している状況にため息が出る、ため息と同時に気力も出てしまう様に思えてしまう頃もありましたm(__)m
拓の成長と供に私も自分が楽に生きていける考え方をみつけた様な気分です。
なので以前の自分と同じ様に子育てで不安が沢山あるんです。って人を見つけると気持ちがわかるからお話をしたくなるんです。

私もそうでした。今も不安な事が無い訳ではないですけれど暗い顔をしてどうして?なんで?うちの子だけ?っと育てるよりは現状を受け止めて子供も自分も明るく笑顔で暮らせる方向に持って行けたら良いなぁ~って思いながら暮らしています。
育て難い中でも息子のスゴイ所を見つけたんです。オムツが取れるのもどちらかと言えば遅い方でしたが取れました。その後彼は一度もおねしょをした事が無いんです。おもらしもしません・・・ちょっとした自慢なんです(笑)

などと日々の事を話して来ました。
特に沢山お話をした訳では無いと思うのですが、会が終わり帰り際に友人達とアンケートを書いていたら
「今日はありがとうございました。」
参加したお母さんが自分達に向かって言ってくれました。その後も別の人に同じ様に言われてこちらこそ・・・っと言っていたら友人があれは私に対して言っている・・って言うんです。そんな事ないよぉ~っと話していると目の前にいたお母さんが
「今日参加して色んな話が聞けて本当に良かったです。ありがとうございました」
・・・間違いなく私に言って下さいました
良かった、そう言ってくれるお母さんの笑顔が見れて嬉しい・・・
拓を育てていなかったらこんな風に人から感謝される事なかっただろうねっ(笑)
なんだか嬉しい気分になれていました。

しかし良い事ばかりでも無い拓育児f^_^;
4月からママもパパのパン屋さんで働くので昨年の秋に園に土日保育をお願いしていたのですが、今になって出来なくなる可能性が出てきました。土日は普通の日の保育と環境が違うので拓には慣らし保育が必要、日曜日は特に保育士も少ないので・・・遠回しに無理っぽいっと言われました他に誰にも預けることなど出来ない拓なので、完全に園をあてにしていたママにはすごく大変な問題で凹みました。
でもなんとか気持ちを切り替えて頑張るしかないので頑張ります!
本当に波風無く穏やかな気持ちで日々暮らしたいです(笑)
スポンサーサイト
豆パン、小豆バージョン♪
ウチにすご~く便利なお鍋があったのを忘れていました!
『真空保温調理鍋』
このお鍋を使うと20分程火にかけて保温機能を使えば2時間でお豆がきれいに皮もそのまま柔らかく炊けるんです。
ムフフフッ♪すごく簡単にキレイに小豆が炊けましたがなっ!これさえ上手く使えば光熱費もかなり節約出来るはずです。
そんな訳で先日書いた小豆の豆パンを作りました。
う~ん最高の出来!っと喜んでいたらパパに
「豆が浮き過ぎ」
っと厳しいご指摘を頂きましたm(__)mまだまだ修行が必要です。
覗き込んでいるはりねずみパンの中にはお手製のスイートチョコを入れてこれも完成です。
メロンパンの生地レシピも完成。
そろそろママの食べる仕事も終盤です。

【映画】
『ベンジャミン・バトン』
観て来ました。ブラッド・ピットが主演と言う事だけで観たいと思った私f^_^;、こういうミーハーな所は純粋に映画好きなパパとはちょっとズレているんですが二人で行ってきました。
公開中でネタばれを書く事は出来ないけれどちょっとだけ書くとすれば、80歳の老人の様な体で生まれてしまった男の逆行する人生、家族と共に老いて死んで行くのではなく、愛する人々を見送ることを運命づけられた人間の孤独さ、人生を終えることとは・・・
なんて事を考えさせられました。
思いましたね~とにかく人生で肉体的に輝ける時期ってほんの少しなんですよね(笑)
負け惜しみではなくて肉体の若さなどは長い人生においてそんなに重要ではないって事です(ブラッド・ピットが主演と言う事だけで観たいと思った私が言っても説得力が無いっ?)。
限られた命をどう生きるかと言う事が自分の中で確立されている人は、若かろうが年寄りであろうが関係なく強く美しいのではないか・・・と思う事ができました(笑)
ブラッド・ピットの特殊メイクによる変化も楽しかったです(少年メイクには少しだけ違和感が見えました)。
私はブラッド・ピットが最初に映画デビューしたと言われているちょい役の『テルマ&ルイーズ』(この作品はラストがかなり衝撃的で良いんです)からほとんど観ています。『12モンキーズ』や『ファイトクラブ』のちょっとキレた感じの演技が好きなので今回の様なドーーンと落ち着いた感じの作品は物足りない感じがしたんですが、逆にいつまでも以前の様な役が出来る歳でもないかぁ~っと思ったりもしてブラッド・ピットも歳をとったなぁ~って感じてしまいました(笑)

ただf^_^;映画館に行く前はパパとちょっとした事で冷戦状態だったのです(離れて座るほど怒っていたママです)が観た後はせっかくの人生なのにこんな事で怒っている場合じゃないなっ・・・なーんてあんなに怒っていたのにサラ~~ッと嫌な気分を払拭出来たので映画を見に行った事は結果的にとっても良かったです。『私はそんなに単純ではない!』と怒ったりもしたのですが(笑)結構単純な人間ですm(__)m
豆パン
先日からごく当たり前の様に『豆パン、豆パン』っと書いていたのですが、パパによると
「豆パンって金沢で作られたローカルなパンやし、他の人にはわからんかも・・」
・・・らしいです。もしかしたらこれを読んで頂いている方の中にはご存じなくてどんなパン?って思っていらっしゃるのではと写真を載せました(笑)
まだまだ練習中ですがこんな感じで上の方に豆が薄皮一枚でのっかっているパンです。
甘納豆ほども甘くないけれど甘く煮込んだお豆です。
このお豆の味がパン屋さんによってかなり違います。ひたすら甘いお豆や和菓子屋さんのお豆など様々です。このお豆を私が好きな『小豆』で作りたいんですf^_^;

この頃の拓ブームはこの『ガンバライド』ゲームです。一回100円でゲームが出来てカードが一枚もらえるのです。これがとっても楽しいようで、パパに連れて行ってもらうのが待ち遠しくてしょうが無い感じです。今夜もパパの帰りが遅かったのでお出かけが出来なかったのですが、パパの帰りを待っていた拓は行きたかったのでしょう・・・晩ご飯もグズグズしていてママにガツンと叱られました(笑)
沢山叱られたのに夜寝る前に自分の隣に来て欲しくて
「ママ、ここっ、ここっ・・・」
っと呼んでくれて隣に横になるとギュッとしがみついてくれます。
色んな欲求も沢山出て大変ですが、また子育てが楽しく思える様になっているこの頃です(⌒▽⌒)
バレンタインと言う事で・・・
パパのパン屋さん準備は着々と進んでいるのですが以前から気になっていた食材があります。
『チョコレート』
市販では安くて沢山色んな種類が出回っていますが、乳化剤などの添加物が多くてパパが目指しているパンには使えない・・・よってチョコレートも手作りで頑張ろうと思っています。
そんなパパの為にいつチョコを作ろうかと思っていたのですが、どうせならこの日に作ろう♪っと密かに決めていたので手作りチョコを作りました。
材料はカカオマスカカオバター粉砂糖スキムミルクです(市販チョコはカカオバターを制限して植物油脂を使っているものが多く、本来のチョコレートでは無いとパパは言います)。
これらを温度を気にしながらすり鉢で混ぜて混ぜて1時間程混ぜます(このまぜまぜがとっても重要な工程だそうです)。少し冷やしたり温めたりしながら作ります。味はサラッとした感じですが子供の頃から慣れ親しんでいるミルクチョコの感じは無いです。でも食べた後の香りもとっても良いです。
とにかくこれをパパへのバレンタインチョコって事にしましたf^_^;明日はこれでパンを焼いたらどうなのか?試してみます。


昨日は金沢にしてはすっごく早い春一番が吹きました。
本当に2月?って思う程暖かかったのです。
毎朝車に乗ると拓がすぐに温度計のボタンを押します。そして表示される外の温度を大きな声で言うのですが昨日は
「じゅ~にっ(12)」
って(@_@)えっ?うそぉ~?いつも3とか4とかだよ~?・・・でもいつもと同じ様に厚着している私はちょっと汗が出ている(笑)ホントに暖かかった、そして風はかなり強い。
でも北陸でこの季節にこんなに暖かい事は珍しい事なのでこんな日は無駄にしたくない!
洗濯!洗濯!っと厚手の洋服を洗濯しながらパンを焼いていましたf^_^;
先日から頑張っている『豆パン』作りです。
豆パンのお豆は小豆で作る!っとパパに主張していたのですが、一度は作ってみなきゃねー、っと金時豆を煮込んで作って義母に持って行くと
「豆パンの豆はやっぱり金時豆」
っと言われて
「はい、金時豆でつくりますf^_^;」
っと持論をサラッとひっくり返したママです。隣でパパが(@_@)驚いていました。
嫁姑対策『姑には絶対逆らわない事!』(いかなる時でも返事は『ハイ』です)を実践しています(笑)
でも・・・内心(小豆のタイプも作る)っと思っている私
お惣菜、クリーム、豆、チョコレートっと考える事がドンドン増えていますf^_^;

【昨日の拓語録】
保育園から帰る時、おやつを食べているT君の顔を覗き込み
「T君、あちたまたあそぼーね」
っと言いました。それをきいていた先生がびっくりして口を開けたままママの顔を見てくれました(笑)嬉しい事です拓の成長を喜んでくれる人が沢山います(⌒▽⌒)
冬の水羊羹
TV番組『秘密のケンミンSHOW』を見てたら・・・・福井では冬に水羊羹を食べると紹介され、出演者全員に驚かれていました。みなさんこれって不思議な事ですか?
実は、私の故郷輪島でも冬は水羊羹を食べるんです(´ー`)
ぜんぜん普通の事だよね~、親友Mちゃんはこれが大好きで水羊羹を語らせたら長くなります(笑)
福井の水羊羹を食べた事が無いので味を比べる事は出来ませんが、輪島の水羊羹はみずみずしくてサラッとした甘さで口に入れたらテュルン♪と融けます。
県外で生活をして夏にお中元で水羊羹が流通している事を知り、さらにその水羊羹を食べてびっくり!
堅い、甘い、くどい(T_T)・・・・水羊羹が嫌いになる味でした(たまたま私が食べたものがおいしくなかっただけですけどね)。
実家でも子供の頃は、頂き物のお煎餅などのお菓子が入っている大きな四角い缶でよく水羊羹を作っていました。時々失敗をして寒天とこしあんが分離した羊羹を見た記憶も甦ってきましたf^_^;
全て手作りの水羊羹は最高です。
今ではどうしても食べたくなったら金沢駅のお土産館にいけば輪島の羊羹屋(和菓子屋ですね)の出店があるので食べる事ができます。
福井の人達が『福井の水羊羹をおいしいおいしい』と自慢しているのを見て、
『輪島にもとっても美味しい水羊羹があるんだぁー!』
と主張したくなりましたm(__)m

今日園に拓をお迎えに行くとママの顔を見て拓が
「おかしゃーん!」
って呼びながら飛んで来たんです(笑)突然なのでちょっと驚きました。
普段は『ママ』って言っているのにどうしたんでしょうね?
きっとこの頃遊ぶ様になった男の子のお友達が『お母さん』って言っているのをきいて真似をしているのでは?っと思います。

「ママッ、かえろっ(⌒▽⌒)」
っとお手拭き様のタオルとうがい用のコップを持って来ます。
そして側で遊んでいたT君に両手を差し出していました。帰る時のご挨拶をしようとしているんです。
両手で握手して
「あした またねっ」
っと言ってからギュッとハグするのが子供と先生のご挨拶なのですが、拓はT君とそれをしたかったみたい。遊んでいた手を止めて拓につき合ってくれたT君、嬉しかったです。ありがとう。
帰りに車の中で
「拓、保育園楽しかった?」
って訊くと
「はいっ」
って答えてくれました。

夜寝る前にも
「おとさん、おやすみしゃい、ママ、おやすみしゃい」
って必ず言ってくれる拓です。
なかなか言葉が出なかったので、会話が出来る事がすごく嬉しいこの頃です。
今日から3時半まで保育園です。
パパに好きなゲームをしてもらって、それを隣で見ている拓がとっても幸せそうな顔をしているので写真を撮ったのですが、見ていて思いました。こんな顔されるからパパは拓のお願いをきいてあげるんだね(笑)

園でお昼寝が出来るようになったお陰でドンドン保育時間が伸びています。
そのお陰でママはじっくり餡やクリームの研究をして食べていますf^_^;
今日は豆パンの包み方を教えてもらいました。薄皮一枚残して生地の中に入れた小豆を広げるのですが流石にパパは上手です
そしてまだまだ練習が必要な私ですf^_^;
小豆も連日炊いてやっと『これが良い』と思う豆が見つかりました。
北海道産が美味しいと思っていたのですが、能登産で美味しい大納言を見つけたのですよぉ~、粒あんもそれで行きたいと思っています♪(これにたどり着くまでに何種類炊いて食べたでしょう(笑)微妙ーに味が違うんです。昔子供の頃祖母が大きなお鍋で小豆を炊いていました。お砂糖なんか絶対に目分量でドカドカッと入れていたのですがいつもおいしかった・・・きっと祖母は一番おいしい煮方が身に付いていた様に思います。おはぎなんかも大きくておいしかったなぁ~美味しい煮物や漬け物を食べさせてもらっていた子供の頃それに対して感謝なんて一度もした事がなかった様に思うけれど、今色んな意味ですごく感謝しています。いつかは祖母の様に小豆の炊き方を身に付けたいです)
パンを焼く時メロンパンを焼かないとなんとな~く拓が寂しそうな顔をするので1、2個焼く様にしています。帰って来た時に並べてあるのを見るとほっぺがテカッと笑顔になります。そして喜んで食べてくれる(⌒▽⌒)嬉しい時間です。
明日も豆パンの練習だ!

先日DVDで観た『ファーストフード・ネイション』と言う映画f^_^;
いやー酷い内容でした。って作品がじゃなくてファーストフード店の在り方がです。
あれは映画だからデフォルメしてあるっていう意見があるかもしれませんがそうも言え無いと思います。アメリカのお話で日本は関係無いと言い切れないのがミートホープの偽装事件でしたが、その後とんでもない不況の波に飲まれて食品偽装のニュースは聞こえなくなり人々は安価な加工商品に手を出す様になっています。けど、本当にそれで良いの?お隣の衛生状態の悪い国からも相変わらず沢山加工食料品を輸入しています。日本で消費されているんですよ、肥料や農薬問題解決されていると思いますか?
この映画を見るとしばらくはファーストフードどころかお肉自体が食べられなくなるかもしれません。でも表現はともかくこれが現実です。生きている物を食すると言う事はこういう事なんだと描かれています。
それから資本主義社会の構造も表現されています。製品を作っている最初の一番劣悪な環境にいる人達は日雇いで日々の生活の為に必死で働いています。そこから会社の頂点で仕事をしている人達との生活水準の違いまで描いてあります。
とっても恐いこわ~い映画ですが性的なシーンを除いて今の高校生に観せてちょっと考えてもらいたい映画だと思いました。
朝、車の中でワッフル食べていますf^_^;
朝ごはんは当然食べているのですが、出がけにのぞいた台所でワッフル発見!一個持って車に乗った拓です(絶対諦めてくれません)。
今朝は園に行く前に言語の教室へ行って来ました(ワッフル食べて頑張れ!)。
実は書いていなかったのですが、夏に通っていた教室を辞めて別の教室に通っています。
その新しい教室に行く様になって3ヶ月が過ぎようとしていて、先生が驚くほど拓の言葉が増えたのです。
今日は『大きさ』のお勉強でした。大きな丸と小さな丸が用意されていてどっちが大きいかの質問に答えて行くのですが全部出来ました。
それから言葉の分類『食べ物』『動物』『花などの植物』の絵札を名前を言いながら箱に分類していく作業も出来ました(サイをカバだと言い張りましたが角のあるのがサイ!と教えましたm(__)m)
約一時間程の教室ですが、拓と先生の相性が良いのかとっても楽しそうにお勉強をしています。
「うわぁ~、おいしそう~!」
っとか
「お父さん、いるかなぁ~?」
って事を言う拓の声を聞くと、なんでもない事でも嬉しくてウルッっとしてしまいます。
ここで一年程前を思い出すと号泣になりかねないのでf^_^;サラ~ッと流していますが、我が子の声や言葉がこんなに嬉しいと思えるのは拓を育ててきたからなのでこの嬉しさを与えてもらった事を感謝しなきゃいけないです。

言葉の教室が終わったらそのまま園に直行です。
園で教室に入ったらすぐに女の子Hちゃんが拓にくっついて来てくれたのに何が気に入らなかったのかその子を『イヤッ!』と言ってボカン!と叩いくじゃありませんか
「こらっ!ダメでしょ!」
っと拓を叱ってHちゃんに
「ごめんね~痛かった?ごめんね、拓が悪いね、」
っと謝るとちょっと笑って『うん、』っとうなずいてくれたHちゃんでした。
先生にもすみませんと謝ると
「最近二人は仲が良いんですよ、でも思う様に意思が通じないとHちゃんが拓ちゃんを叩いたり、拓ちゃんが叩いたりって感じでいるんです(⌒▽⌒)」
っと話して下さいました。女の子を叩くなんてとんでもない事なのでなるべく注意してもらう様にお願いをしてきたのですが、拓がHちゃんを叩いた時はホントに驚きましたです。
男の子は絶対に女の子に手を上げてはいけない!
私は女性に手を出す男性が大っ嫌いなんです。小さくても理由にならない!
これはこの先も厳しく言っていきます!
節分なのに『鬼』禁句!
節分用に作ったお面を保育園から持って来ました。小さい箱にはキャンディのお土産が入っていました(豆の代わりに飴をまいたそうですf^_^;)。
そのキャンディを車に乗るとすぐにいつもママの飴が入っているところに
「ママッ、あめっ」
って入れてくれました。嬉しいお土産でした。
お面(・・・っと言うかプロレスラーのマスクみたいです(笑))はこれを被って3歳、2歳さんのクラスに鬼になって行って来たそうです。

そして年少以上のちびっ子には本物(?)の鬼が来るのです。
昨日からみんなそれを知っていて昨日お迎えに行った時
「こわいね~・・・」
と口を揃えて言っていたんです。
「明日、鬼が来て拓が泣いたらごめんね~」
ママもお友達にこうお願いすると
みぃーが拓ちゃんと一緒にいるから大丈夫!」
な~んて心強い事を言ってくれていたお友達でした(⌒▽⌒)

今日は朝からみんなそわそわしていますが、拓には何の事だかわからなかったらしくいつもの様に遊んでいました。そんな拓を見てお友達が
「拓ちゃん、こわくないん?」
っと聞いたところ、オウム返しで
「こわくない・・」
と答えたそうです。そんな拓にみんなはスゴイ!スゴイ!と言い出しました。
先生のお話ではその流れは本番まで続き、いざ鬼が来たらみんなキャーキャーと逃げ回っていたそうです。でも拓は仁王立ちして鬼さんを観察しています(写真で見たら赤とグリーンの鬼さんでした)。
その姿を見たお友達が
拓ちゃん助けてー!」
と言ってみんなで拓の後ろに隠れたんですって(笑)
拓は頑張って、泣くことなくみんなの前で立っていたそうです。男の子っぽい(笑)

お迎えに行って私の顔を見て真っ先に
「ママッ・・・」
っと言った時、目がウルッとしたんです。
あれっ?って思ったのですが、その後先生にこのお話をきいて盛り上がってしまいました。
「拓、すごいね~恐くなかったの?頑張ったね~」
ってお話しながら帰って来ました。
ウチに帰ると、鬼のお面を作ろうとパパが用意してた鬼の絵を見つけたのです。それを慌てて引き出しの中に片付けちゃう。
そして晩ご飯の時、鬼の話題をしていたら思いっきり泣き出してしまった拓。
そこでわかったんです(笑)
拓は初めて見た鬼が恐かったのでしょうね、でも一生懸命我慢していたんだと思います。なのにママが鬼の話ばかりするから恐かった事を思い出したんでしょう。
大粒の涙がポロポロとこぼれました。
「もう言わないから、わかった、わかった」
ってなだめましたが、そんな拓がとっても可愛く思えた節分の夜でした。
パパが買って来た節分用のお豆は私が歳の数だけ頂きます
・・・多くて食べられない( ̄▽ ̄;)・・・。


プロフィール

takuママ(↑が息子takuです)

  • Author:takuママ(↑が息子takuです)
  • 【takuママ】
    B型の双子座です。
    実はtakuが二人目('-'*)
    上のコは、既に大人~♪

    【taku】
    2004年9月29日 誕生。
    現在8歳
    A型の天秤座です。
    父親似( ̄ー ̄)

    【takuパパ】
    30代の新米パパです。
    AB型の水瓶座。
    暴れん坊の相手で毎日奮闘中。



最近のコメント



かうんた~



カテゴリー



月別アーカイブ



ブログ内検索



成長記録

【誕生】

【3ヶ月】

【6ヶ月】

【9ヶ月】

【1歳】

【1歳6ヶ月】

【2歳】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。