takuの出産育児日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生後1日目
P505iS0012648707.jpg産まれた日は0日目で、今日から1日目になるそうです。この写真は産まれて2時間位のtaku君です。

入院3日目・・・傷がしびれたように痛い・・・昨日の今日で体が筋肉痛の痛さです。
だけど病棟の看護婦さんは朝一晩に容赦の無いお言葉を下さいました。
「起きる、動く、とにかく癒着しないためにも起きて体を動かす!同じ手術した人は起きてるよ!」
嘘~っ・・・起きあがって座るだけでもやっとなのに・・・
「朝ご飯を座って食べて・・・」
この痛さでは無理だ・・・食欲だって無いもの・・で、看護婦さんが出ていった後食べる事を諦めようとしたら付いていたお姉ちゃまが
「食べなきゃだめ!」
って食べさせてくれました。・・・お陰で横になって食べる事が出来て・・嬉しさと痛さで涙がでました。
痛み止めの座薬を入れながらtaku君に母乳を与えようと頑張ったが、寝ていない事も有り本当に辛い一日となったです。
taku君の血液型はA型でした。
朝は、おっぱいを飲むのが下手だったんですが一日で夜には上手に飲める様になっていたのに驚きでした。誰が教える訳でもないのに・・・赤ちゃんの生命力ってすごいです・・・夜、抗生物質と点滴の2本注射してなんとか眠りにつけました。

スポンサーサイト

テーマ:高齢出産 - ジャンル:育児

taku、誕生の日
4時に目が覚めた。今日これからの事を考えると眠れません・・・どうせ術後は寝てるだけだろうから今から起きていても良いかな?そんな気分です。手術の事など細かく残したいと思います。
新しい家族の誕生です。わくわくします(⌒-⌒)
どんな子でしょうか?ママはただ元気に産まれて欲しいです。

さて、6時30分ナースコールが有りナースセンターに行くと赤ちゃんの心音確認をして、お腹の消毒をしました。この病院では消毒だけで、剃毛などはしないのだそうです。ピンクの紙のパジャマを着せられいよいよって気分になりました。・・・その後浣腸をしました。がナースセンターから病室に戻るとすぐにお腹が痛くてシャーッとお薬だけ出てしまいました・・・う~んこれで大丈夫なのだろうか?と悩んでいたら又我慢出来ない便意・・・トイレに飛び込む!浣腸ってかなり効きます。ただ、4日程出ていないからもっと期待していたのですが・・・?
パンの朝食を軽く取り8時30分にお薬を飲んだらもう何も口にしては行けないそうです・・・手術は2人いたので、私は2時からです。
友達が沢山頑張れメールを入れてくれます・・・嬉しいです。彼のお父さんやお母さんも心配してくれます。色々ありますが・・・今こうしていられる私は幸せ者です。人生をめいっぱい生きている気がします。回りの全部に感謝していました。

先生が言いました。
「切っているのが解るけど痛くないから痛いって言ったらだめねんぞ!」
って、切っているのが解るってどんな感覚なんだろう?痛いのは急に外の世界に出されるtaku君だね(>_<)我慢してね。
11時頃から血管を広げる点滴を始め横になっていると、お昼12時過ぎに名古屋からお姉ちゃまが彼とやって来ました。
午後1時40分頃麻酔が効きやすくなるというお薬を腰に打ち、手術のはじまりです。
お姉ちゃまとパパが立ち会うと言うので部屋に入って来ました・・・その後車いすに乗せられて手術台に行くといつもの外来の看護婦さん達がいて少しホッとしました・・・がそれもつかの間で大きなお腹なのにぎゅっと体を曲げられて凄く苦しい体制になりました。背中に麻酔をするためでした・・・その後先生が麻酔をして足にきついストッキングの様な物を履き2時10分スタートです。
下半身の感覚はかなり変な感じです。間違いなく切られている、と解ります。次ぎに何かお腹から剥がされる感じがします。それが、怖くて痛い感じがするのです。話声は全部解かります・・・お腹に何か乗せられています。それは手術器具だと思っていましたが後で彼に聞くと(@_@)なんと自分の内臓だったそうです。

すぐに先生が「はい産まれたよ~」



っと出してすぐの拓君を見せてくれました。やっと会えました。taku君誕生です。時計は2時20分でした。
そして、きれいにするからとお姉ちゃまも一緒にお風呂に出ていきました。
その後・・・なんと子宮筋腫が取りやすい場所に有るから取ると言う話になり、先生の凄い決断で私のにっくき子宮筋腫は取り出されたのです。その間何かをそがれている感覚が解るので麻酔が効いているとはいえ痛く感じられて怖かったです。
終わったのは3時15分頃でした・・・もうぐったりでした。
麻酔が効いていたため5時くらい迄は普通に話せました。メールの返事や家族とも話せました。
taku君にも初めてのおっぱいを飲ます事が出来て・・・3075g小さくて可愛taku君を見ていると涙が出て来ました。5時半頃から痛くなり痛さと薬で寝てしまいました・・・
8時半くらいまでぐっすりでした。彼が晩ご飯から帰った位から麻酔は完全に切れて又痛みだし、薬と点滴を一晩続けました。一晩眠れなかったけど次の日寝たら良いと思っていたのが甘かったでした・・・辛い夜でした。


テーマ:高齢出産 - ジャンル:育児

いよいよ入院です。
午後2時30分にお父さんに送ってもらう事になっていました。
心配した彼がお昼休みに帰って来てくれて、
「頑張れよ、夜行くからね。」
って、ありがとう。がんばりますよ~っ。やっと彼をお父さんにする事が出来ます。
お父さんとお母さん、二人に送って頂いて3時に入院しました。
同じ時間にもう一人、明日帝王切開で出産するために入院する人がいました。
彼女はお母さんとご主人が付いていました。急な入院なのでしょうか?
何度も来た病院ですが、二階の病室に上がるのは緊張しました。
個室でトイレ、シャワーが付いていて至れり尽くせりの部屋です。
TVのモニターで赤ちゃんの部屋も見る事が出来るんです。

入院の説明を看護婦さんから聞いて、年齢の話になりました。
「最近は再婚されてからの出産も増えているから高齢出産も珍しく無いから大丈夫・・・」
なんて言われてm(_ _)m
その後、赤ちゃんの心音を聞き異常が無い事を確認して、ゆっくり明日の事を考えていました。

明日はtakuのお姉ちゃまが心配して名古屋から来て手術に立ち会うって・・・・
彼女を産んでからはもう20年近くになります・・・
まさかこの歳で又子育てするなんて思っても見ませんでした。
彼女を産んだ時、育てて来た事・・・思い出されます・・・
一生懸命でした・・・若かったせいもあって力が入っていた気がします・・・
ベビースイミングなんかも行きました(⌒-⌒)が行くたびに熱が出て1年続けた後、
お医者様に「この子はむいてないんじゃないかな?」って言われて辞める事になったんです。

その後はピアノ一筋で3歳から毎週レッスンに通いました。
雨の日も風の日も雪の日も・・・それが18歳まで続いて・・・今も音楽一筋です。
彼女の父親と離婚する事になった時も一番悩んだのが彼女の事でした。
子供は親を選べません!子供を育てる時両親は絶対必要だと私は思っていました・・・親の都合で彼女に辛い思いをさせる事だけはしたくなかったのです。
幸い父親も、とても彼女の事を考えてくれたので私たちは離婚しても彼女が高校を卒業するまでは父、母の役目を果たす為に同居する事にしたのです。
理解出来ないかもしれませんが、親の勝手で彼女の人生に影を付けたく無かったのです・・・
結果的には父と母の間に入って辛い思いも多々させてしまって・・・謝る事もありました。
でも、一緒に過ごせた時間は何にも代えられない事で、幸せでした。
色んな事を沢山話し合えて・・・だから今こうしてお互いを認め合える親子でいられると思います。
本当に素直で優しい女性に育ってくれました。
それは私一人の力では無く一緒に育ててくれた父親の存在も大きいと思います。
「離婚して一緒に住むなんておかしい!」
と言う人もいましたが、自分のしたことは間違っていなかったと自信を持って言えます。
彼女の事はこれからも何があっても守りたいです。

takuも・・・私が産むからには、どんな事があっても守ります!!
そして、父親は違いますがm(_ _)m二人は姉弟としてこれからを楽しんで欲しいと思います。
takuばかりがお世話になりそうですね。
何だかセンチになっていますが、明日takuに会えると思うと興奮して眠れなくて今の思いを残しました。

テーマ:高齢出産 - ジャンル:育児

出産まで後2日
外食に行こう!
拓君が産まれたら、しばらくは子育てで、外食なんか行けない。まして、彼と二人でなんてもう無いかもしれない・・・と言う事で今夜は彼が
「好きな物食べに連れて行ってあげる」
と言ってくれました。
いざ、何にしようって考えたら・・・それが、お洒落なレストランで食事よりも、お寿司が食べたいって思ったのです。(⌒-⌒)好きなネタでお腹一杯食べてやるぞ~!って・・・
仕事が終わった彼が電話をしてくれる事になっていて、夕方お化粧していると・・・
ピンポ~ン
って誰?モニターにはお義母さんが・・・明日入院って解っていて、少しでも楽にしてやろうと晩ご飯のおかずを持って来て下さったのです。
「今夜は外食に・・・」
っと話すと、笑顔で
「おかずは、明日朝食べたら良いから、行ってらっしゃい」
と送り出して下さいました。そんなこんなで、しばらく行けない外食に連れて行ってもらい私は大好きな魚を「もう充分です!」と言う位食べさせてもらい、明日の入院に備えたのでした。いよいよ、明日入院です・・・この家で彼と二人は・・・最後です・・・新しい家族のtaku君を連れて元気で、戻ってきます。


テーマ:高齢出産 - ジャンル:育児

出産まで後3日(布おむつ)
パパと二人で日曜日を過ごすのは今日が最後です。
来週からはtaku君と一緒ですね(⌒-⌒)本当に?今も信じられない位嬉しいです・・・
けど少し不安になっています。やっぱりこの年齢・・・43歳での出産・・・大丈夫だろうか?若いお母さん達の中で私は頑張っていけるだろうか・・・
なんてね・・・こんな風に弱気になったらおしまいですね!やるしかないのですから、今更こんな事で悩んでいたら産まれてくるtaku君に申し訳無いです!ダメママです!
気持ち切り替えて頑張ります。

taku君がお腹に来てから育児を色々考えていたのですが、そう言えば?って思う事が有ります。
それは、おむつの洗濯物を全く見ない事です・・・
あれっ?なぜっ?・・・その疑問は育児雑誌を見ていてわかりました~今のお母さん達は紙おむつが主流なんです!実際、紙おむつは、娘を育てた19年前から比べたら、驚きの安さと品質の良さの様です・・・

パパの妹さんも二人の女の子を紙おむつで育てていました。
お母さんも「お洗濯が大変だし少しでも楽なように紙おむつにしなさい(⌒-⌒)」って言って下さっています。

う~ん・・・でもママは無理してじゃなくて、布おむつで育てたいのです!紙おむつが悪いとかって言う訳じゃ無いのです。ただ、感覚としておしっこが出た感じをすぐに解って、嫌だと感じて、泣いて欲しい気がするのです。そしておむつをすぐに替えてあげたいのです。

ありがたい事にママは今専業主婦です。だから今っぽく無いかもしれないのですが、布おむつで育てます。もう用意しました。産後一ヶ月だけ紙おむつにお世話になります。その後は楽しく布おむつです。本当に楽しみなのです!

テーマ:高齢出産 - ジャンル:育児

出産まで後4日(ころころ餅)
今日は最後の検診の日でした。29日に手術が決まっているので、「今日はお腹の赤ちゃんの元気さを調べます」っとtaku君の心拍を10分間検査しました。結果は異常無しで元気でした。エコーの写真でもお口のあたりに両手と持って行って、まるでおしゃぶりをしているようでした。

看護婦さんに「いよいよですね~、最初は心配しましたけど、良く頑張りましたね。」って声をかけて頂きママも最初の頃を思い出してウルウルしました。やっとここまで来ました・・・・



「ころころ餅」
この地方に伝わる行事だそうです。10ヶ月に入った「犬の日」に安産を祈って親戚にお配りする丸いお餅です。

パパのお母さんが「今月は16日だからその日に作ってお配りするね」っと言ってくださいました。
9月16日の夕方お母さんが持ってきてくれたお餅はまるくてつるつるっとしていて
「このお餅のようにころころっと産まれてくれる様にお願いして食べるのよ」
そう言ってもらいました。それから、大事な事で、このお餅は焼いて食べてはいけないそうです。赤ちゃんにアザが出来ると言われていて、固くなったら煮て食べるのが正しい食べ方だそうです!
ママはこんな風に思ってもらえる事が嬉しかったです。ありがとうございます。それもこれも、みんなtaku君のお陰です。産まれる前からママをこんなに幸せな気持ちにさせてくれているんです。ありがとう・・・

テーマ:高齢出産 - ジャンル:育児

出産まで後5日(名前・・・)
10ヶ月目を聞いてから本当にビックリするくらい一日、一日お腹が大きくなる気がします。
「もうこれ以上は出ませんよ~っ」
て感じの大きさです。おへその中も全開でこんな状態は妊娠しないと見ることは出来ないでしょうね(⌒▽⌒)

今日は名前のことを書きます。
「男の子です」と言われた時から名前の事を考え始めました。出来る事なら早めに決めて、お腹に向かって呼びながら生活したいな~って思ったからです。
でも実際はあれこれ考えてなかなか決まらない・・・そこでママは仮の名前を付けて呼ぶことにしました。
その名も(⌒-⌒)「ターボ君」です。これはママの大好きな漫画「Dr.スランプ」の中でせんべいさんとみどりさんの間に出来た可愛い男の赤ちゃんの名前なのです。ひょんな事から宇宙人から超能力をもらったターボ君は凄く可愛い行動をしてくれます。大好きなので、名前が決まるまで「ターボ君」にします!
次の日から、お腹に向かって「ターボ君」おはよう!っと話しかけて朝が始まりました。

その間にもちゃんと真面目に名前を考えていました。パパ、パパのお兄ちゃん、パパのお父さん、みんな漢字一文字なのです。だったら一文字が良いな~ってまず思ったのですが、パパは「それにはこだわらないよっ」って事でした。

次に思ったのはみんなが呼びやすい名前が良い。と言う事です。色々声に出して呼んでみると・・・ターボ君のせいでしょうか?
「た」の音が良い感じなのです。たっくん、たー君、たっちゃん、良い!!「た」で始まる名前にしよう。

パパが「開拓の拓はどう」って言って来ました。ママは考えました。男の子だから色んな事に頑張って欲しいと思ったのです・・・自分から進んで何かに向かって行く子・・・拓の字は手辺に石。自分の手で石(目的)を掴んで進んで行って欲しい!男の子にピッタリじゃないですか!そんな思いを込めて「拓」の字は決定です。

その後、ターボ君はタッ君に替わりました。が、「たく」だけでは寂しいとパパはもう一文字付けると考え始めました。色々案は出ています。パパの一押しは「たくま」お姉ちゃまが「たくみ」ママは「たくと」・・・それぞれに理由もあるから、自分の考えがどうよ?って押します・・・でも~・・・ママは、やっぱり「拓」君。が良いと思います(⌒-⌒)ねっtaku君!!なかなか決まりそうに無いかも・・・?

テーマ:高齢出産 - ジャンル:育児

出産まで後6日(帝王切開)
5分立っている事が辛い位お腹が重いです。後6日大丈夫なんだろうか?って少し不安になる感じです。
今日はパパと付き合っている頃からず~っと食べに行っているおいしいラーメン屋さんに久しぶりに行きました・・・taku君が産まれたらしばらく行けないだろうからどうしても今のうちに食べておかないと!って思ったのです。相変わらずおいしくて、おじさんもおばさんも「頑張って」って言葉を下さいました(⌒-⌒)絶対一緒に食べようね!
後6日で帝王切開の手術です・・・
帝王切開って怖い響きですよね、
「どんな切り方なのよ~っ」って感じです。初めて診察に行った時から<子宮筋腫>があって流産の可能性があるからと先生に「安静!」をきつく言い渡されていた訳ですが、筋腫が変形して骨盤奥に入り込んだ頃から
「このまま行くと、帝王切開になるね・・・」っと言われました。

ママは赤ちゃんが無事に産まれるならどんな事でも絶える!!と思っていたので
「構いません!お願いします!」と、先生に言いきりました。
けど怖いので、もしかしたら普通分娩出来るかも?っと期待も持ちながらいたのですが6月、7月、8月・・安静は続き筋腫も育って・・・手術は9月29日に決定となりました。

安静のお陰でと言ったら良いのか体重も増えてなんと16kg増です・・・良く産婦人科の先生で体重管理に厳しい方がいると聞きます。「あなたが大変なんですよ」と叱られるとか・・・でも私の先生は
「そんな事でストレスを感じなくて良い」
と言う考えの方で本当にその辺では助かりました。

患者と先生って言っても、お互い人間ですから合う合わないってあると思うのです。信頼関係が必要ですよね。まして10ヶ月もお付き合いする先生です。出産するなら自分に合った病院を探す事って大事だと思います。
そんな訳で色々助けてもらった私は先生を信じきって全てを託して手術に望みます。
ちなみにパパとお姉ちゃまが手術に立ち会いtaku君が出るところを見るそうです・・・怖く無いのでしょうか?

テーマ:高齢出産 - ジャンル:育児

出産まで後7日(男の子です!)
朝ご飯を食べた後急にお腹が痛くなりびっくりしました。が、30分で治まったので良かったです。今日はクーハンのカバーの仕上げが出来ました。拓君の出産準備は全部揃いました。後は健康に産まれてくれる事だけが今の願いです。

5月22日検診
先日の羊水検査で性別が解ってしまいました。男の子です!そして、先生がエコーの画面を見ながら「ほら、付いているでしょ~」っと見せて下さいました。
パパに「男の子だって」っと話したら、「息子かぁ~」っと嬉しそうにお腹をさすってくれました。お姉ちゃまも喜んでくれましたよっ。
ママも嬉しいです。正直に言うと・・・
ママは何回も言うけど高齢なので、今回が最後の赤ちゃんだと思ってます。そうすると、パパは次男なのですが、お兄さんが結婚して家を出て遠くで生活をしています。仕事も順調そうで、もう戻って来る感じがしないのです・・って事はパパの実家を継ぐ(古い言い方ですが)跡継ぎが欲しいって言うのが誰も口には出さないけれど本音なのです・・・
それが解っているからママは余計に男の子で嬉しかったです。パパはあまりそんなことを気にする人では無いんですけどね(⌒-⌒)
パパのお父さんやお母さんが喜んで優しい言葉をかけてくれるのがすごくありがたくて・・・あなたのお陰です。みんながあなたを待っています!体調が悪い事があり辛いですが、ママは頑張ります。

テーマ:高齢出産 - ジャンル:育児

出産まで後8日(羊水検査の結果)
今日はお腹がかなり重く感じられました・・・後8日で入院ですが見た感じはいつ産まれてもおかしくない位大きなお腹になっています。

5月15日いきなり 病院から電話でした。
「羊水検査の結果が出たのでお知らせします。異常は無かったですよ。良かったですね。次ぎの検診までお大事に・・」
電話を切って、結果が出るまでの不安な気持ちが一気になくなり体が軽くなる感じがしました。・・・帰って来たパパに結果を話したら、あんなに大丈夫って言っていたのに心配していてくれたのですね・・・目が赤くなりました。(⌒-⌒)。
何だかんだ言っても「異常無し」で安心しました。子宮筋腫は相変わらず気になっていましたが、もう4ヶ月になってお腹も目立っていたのでこれを機にみんなに赤ちゃんの事を話す事にしました。

パパのお父さんお母さんに話しました。とっても喜んでくれて、その夜、鯛のお刺身を届けて下さったくらいです。・・・私は再婚で、彼より12歳も年上で、そんな女を文句も言わないで嫁として受け入れてくれた彼の両親・・・言いたい事は山程あったと思いますが、黙って彼の嫁にしてくれました。赤ちゃんのお陰で初めて心から
「おめでとう」
って言われた気がします。喜んで頂ける事が本当に嬉しかったです。
それから、友達や親戚に少しづつ話していきました。みんな驚きながら喜んでくれました。今まで書かなかったですが、つわりもかなりひどかったです・・・頑張っていました。
(三月頃から始まっていて作るものしんどくて・・・寒いのに良く、コンビニのざるそばを食べていたんです。しかもしょうがを入れて(⌒-⌒)冷たくてさっぱりして・・・)けど、この頃からつわりも少し治まって来ました。
出産まで後9日(羊水検査)
結果が出るまで色んな状況を考えていました。良い様に考えられないのがママの悪いところですね・・・

4月24日 母体血清マーカテストの結果が出ました。
77分の1と言う事で、確率的にはダウン症の可能性は高い。と言う事です・・・
決まった訳では無いのにママはかなり落ち込み、それはもう涙が落ちそうな位でした・・・すぐに、先生が、
「羊水検査をしてきちんと検査しましょう」
と言って下さいました。
「はい・・・」
元気になるのには時間がかなりかかりました・・・。

4月27日 羊水検査です。(羊水検査とは、腹部に針を刺し羊水の一部を採取し培養させて染色体を調べるそうです。)
先生はエコー画面を見ながら
「子宮筋腫が骨盤の奥に入っているから・・・このまま大きくなるようなら帝王切開になるね~・・・」
と言い羊水を調べているようでした。
そしてスッと針を刺したのです。気持ちの準備が出来ていなかったママは、針を刺された瞬間「うっ!」と動けなくなりました・・・先生はサッサッと羊水を取り
「ハイ、終わったよ~」
っと検査の終了を告げたのです。
前日からドキドキしていたから一気に力が抜けました。
パパがインターネットなどで調べてくれた検査の内容を読んでみると、もっと検査は難しい感じがしたのです・・・麻酔をうつ病院もあるようでしたし、一日入院をする病院もあるようでした。が、私の先生はすごくテキパキしていて不安がる暇も無かったです。
費用は3万5千円。
その日は自宅に帰る事は出来ましたが、
「24時間安静にして動かない様にしていて下さい。」
と言われたため、帰ってからはパパが食事の用意をしてくれたりと頑張ってくれました。
結果は3週間後です。

この検査をしてから命の事を考えました。
染色体異常でダウン症だったら?心臓疾患があったら?ママのお腹の中で今育っているのですよ、どんな病気であっても私の赤ちゃんです。今、何かの病気がわかったからってどうするの?何があっても大事な命です!!
けど、現実問題として、この歳でその運命を受け入れられるだろうか?
もし傷害のある子だったら10年経ったら私は52歳、20年で62歳・・・そろそろ私の方が介護が必要になってしまうのでは?ダウン症の事も本で読みました。
色んな場合を想像して無口になる事が多いママでした。そして結論は・・・
結果が出るまで極力考え無いようにする・・・です。
(「悪い様に考えても意味が無い」って言うのがパパの考え方です。付き合った当初は私の悩みをほとんど「大丈夫だから・・・」って片づけてくれました。それで随分楽になった事も多いです。)
後10日で出産します。(高齢出産)


この先、今まで経験したことが無い様な色んな事が有りそうな気がするので書き留める事にしました。後で読み直して楽しみたいと思います。

今年2月24日、体調が悪くて産婦人科に行きました。
(もしかしてって、思っていたから産婦人科です)
診察中に先生に「赤ちゃんおるよ!」ってモニター画面を見せられました。モニターの小さな袋の中に白い影が映って・・・やりました!奇跡の様に感じた瞬間です。
なぜなら今年私は43歳になるからです(⌒-⌒)・・・高齢出産です。
ちなみにパパはかなり若いぞ31歳。実は二人は4月に結婚する予定で2月はまだ新しい住まいを探していたのです。そんな時に新しい命の存在を知りました。

でもすぐに先生から
「子宮に筋腫があって危ないから安静にしていて下さい」
と言われ不安になったのです・・・・
何が何でも安静にしてこの命を育てたいと思ったママは仕事を3月に入ってすぐに止めました。
新居への引っ越しも、重い物は持てないので・・・お姉ちゃま(ママは再婚です。お姉ちゃまは今年19歳の大学生です。新しい命の話をした時、ママの体を心配して少し怒っていました。でも、すぐに解ってくれて、今では一番の理解者になって誕生を楽しみにしています。)とパパに運んでもらいました。

3月の終わりに検診に行くと、子宮筋腫は赤ちゃんより大きくなっていて先生から
「無理をしないように安静にしていて下さい」
と言われもう恐る恐る過ごしていました。お腹を触ると筋腫がわかる位に腫れていて怖かったです。

4月に入って、お姉ちゃまは進学の為名古屋に行き、パパと入籍し、新しい生活が始まりました。安静に変わりはなく・・・まだ赤ちゃんの存在をみんなに話す事は出来ませんでした。
それでも、先生から
「母子手帳をもらって来て下さい」
と言われ(⌒-⌒)4月15日にもらって来ました。嬉しかったです。

翌日なぜか?お腹が痛み出し、かなり不安な夜を過ごしました。
17日病院に行くと筋腫が変形して触っても解らない奥の方に入ってしまいました。

次ぎにママに待っていたのは色々な検査です。HIV抗体検査、梅毒検査、C型肝炎ウイルス抗体検査、クラミジア抗原抗体検査・・・妊娠するとこんなに検査するものだったから?・・・全て大丈夫でした。
そして年齢が40歳を越えていることもあり血液検査でダウン症のリスクを調べる検査もする事になりました。

母体血清マーカテストは赤ちゃんがダウン症である可能性をかなり正確に確率として示してくれるそうです。結果は一週間後でした。

テーマ:高齢出産 - ジャンル:育児



プロフィール

takuママ(↑が息子takuです)

  • Author:takuママ(↑が息子takuです)
  • 【takuママ】
    B型の双子座です。
    実はtakuが二人目('-'*)
    上のコは、既に大人~♪

    【taku】
    2004年9月29日 誕生。
    現在8歳
    A型の天秤座です。
    父親似( ̄ー ̄)

    【takuパパ】
    30代の新米パパです。
    AB型の水瓶座。
    暴れん坊の相手で毎日奮闘中。



最近のコメント



かうんた~



カテゴリー



月別アーカイブ



ブログ内検索



成長記録

【誕生】

【3ヶ月】

【6ヶ月】

【9ヶ月】

【1歳】

【1歳6ヶ月】

【2歳】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。